pua lililehua

November 01 [Fri], 2013, 20:57
♪ pua lililehua




Auhea wale ana `oe
E ka pua lililehua
A he `ipo ho`ohenoheno
E ho`ohihi ai no ka mana`o
あなたはどこにいるの?
セージの花
私の愛する恋人, 思いを募らせる


Ia `oe e `imi ana
I na nani o ka `aina
Eia no la au ma `ane`i
E kali ana i kou ho`i mai
あなたを探し美しい大地の中
わたしはここで
あなたが戻るのを 待っています

E `alawa mai ho`i `oe
I nei mau maka onaona
He mau maka po`ina `ole
E kapalili ai ko pu`uwai
あなた、こちらを見てください
この魅惑的な目を、
恐れることのない まなざし
あなたの心を震えさせる

Hilo pa`a ia ke aloha
I ka lino hilo pa walu
`A`ohe mea e hemo `ai
Me au `oe a mau loa
愛は固く編みこまれている
8本のより糸で
離れることは決してない、
あなたとわたしは永遠です

Ha`ina mai ka puana
E ka pua lili lehua
A he `ipo ho`ohenoheno
E ho`ohihi ai no ka mana`o
話を伝えます
サルビアの花に ついてです
愛する恋人、思いを募らせる




プア・リリレフア は、ミュージシャンであった カハウアヌ・レイクが
アンティ・マイキ を想い作られた歌でフラを知るものにはとても有名な曲。

二人は1972年に結婚したのだけれど、
カハウアヌがマイキに
「プア・リリレフア」はマイキを想って作った歌だと告げた時から
マイキはプア・リリレフアを踊らなくなってしまったという。

結婚前、カハウアヌは、マイキに恋心を抱いて、
どうしてもその気持ちを歌に したいと、
※メアリー・カヴェナ・プクイに相談した。

※ハワイ語の辞書(hawaiian dictionary)を作ったことでも有名。

そのことを聞いたプクイは、
ある伝説を思い出しその伝説から
「プア・リリレフア」のタイトルをつけたという。

その伝説とは、
パホアというモンスター(モオ、おおとかげ)が、
いつも水浴びをしているリリレフアという美しい娘に恋をした。

ある日、ヒイアカが現在のカイムキ付近に立っているのを
見かけたパホアはヒイアカのためにルアウ(宴会)の支度をしてもてなした。

ヒイアカが、何かわたしにできることは? と尋ねた時、
パホアは、自分は リリレフアに恋をしているのだけど、
自分の愛に応えてくれないのでどうしたらいいのだろう、と聞いた。

ヒイアカは、パホアにリリレフアを見てくるように言った。

パホアは、他の男の腕に抱かれているリリレフアを見てしまった。
彼はひどく傷心したが、リリレフアのことをあきらめたと
ヒイアカに伝えた。

この伝説をもとに、プクイはプア・リリレフアを作ったという。

その当時、プクイが住んでいたのがパロロという町。
パロロは、マノアの隣町で、ふたつの町の間には
 wa`ahila=ヴァアヒラという丘がある。

パホアの伝説はこのパロロの町の代表的な伝説である。
また、ハワイでは、雨に名前がある土地が多いけれど
パロロの町に降る雨を リリレフア という。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
先月、ハワイのフラの師匠のホイケ=発表会があり生徒さん達とオアフ島へ。

ホイケが終わり生徒さんたちは最終日。

朝からダイヤモンドヘッドへ。


頂上付近からはワイキキと反対側のマカプウが見えますが山側にはパロロの町が見えます。

この日も坂道がはっきりと遠くからでも
見えてとてもきれいだったので、
あの場所がプアリリレフアの題材の場所
なんですよ〜などと生徒さんに話を
していました。

頂上からはこんな感じに見えます。


そして夜にみんなで食事へ。
トラディショナルハワイアンを歌う
ミュージシャンのライヴを聴く事が出来るお店に行きました。

この日は、偶然にも私の1番好きな
ハワイアンミュージシャン、
Hoku Zuttermeister.
ホークー・ズッターメイスター.

このブログのリンクの1番最初に貼るくらい
特別なんだな

数年前に所属ハーラウの東京ホイケで
彼の歌で踊りましたが、最高でした。


前回のハワイでもアウラニまで足をのばして
聴きに行きましたよ。

遠くで聴けるだけで本当にシアワセ。


お店はライヴの日で混雑していました。
地元民も多く、クムのハラウチャントを書いた
ハウオリ・アカカさんのお姿も。

このお店は1人2曲までミュージシャンに
リクエストが出来て
フラも踊れるそうなのですが、
気軽にと言っても日本人の私達にはなかなか敷居が
高い気もします。

そんな素晴らしい彼の歌声を聴けて、
美味しいご飯をみんなで食べられて
シアワセ


隣のテーブルのアンティ(おばさん)に
あなた踊りなさいよ。と言われたけど
スルーしていました。


地元のフラダンサーが楽しそうに踊っていて
彼らの表現力に圧倒されまくり。
年齢は関係なく皆さん本当に素敵でした。


聴いたことのある出だしの曲だなぁ。
プア リリレフアだね。
と思っていたらHoku がこっちを見てーる。

It's me?!
踊れってか。
マヂか。

よし、ここで断ったらもったいないので
思い切って立ち上がりました、笑


てへ。
幸せそうだ、私。

踊りながらも以外と冷静だったかもしれない。

彼は次は何のバースを歌えば良いのかを
きちんとKahea=カーヘア(かけ声)を
言う様に目くばせして促してくれたし、
モーションもかなりみられていたと感じたし、
彼の歌で踊るフラはテンションが
本当に全く下がらない。
とにかく気持ちよい。
波長が合って(合わせてくれて)なんだろう、まるでHしてるみたいだった。


良い時間をありがとうございました。
と、冷静でいれたのはこれまでのトレーニングのおかげだし、
同時に私はクムの生徒でいられて良かったし、感謝しています。

パロロの話をした日に、この曲を、
しかも彼の歌で踊れたのは偶然だけど、
なんだか不思議。

今度はいつ聴けるかなぁ。
う〜ん、そう遠くないかな、笑。





















  • URL:http://hula.lehuamamo-morioka.com/archive/1217
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:柴田 容子
  • アイコン画像 誕生日:3月12日
  • アイコン画像 血液型:B型
読者になる
岩手県盛岡市の
ハワイアンフラ教室
 
「Lehua Mamo o Ali`i
        Hula Studio」

を主宰しています。

HalauHula ʻO Nāpunaheleonāpua 所属
クムフラ リッチ・ペドリナ氏に師事
当スタジオは、東北で本格的なフラを学べる
ハーラウフラ・ オ ・ナープナヘレオナープア認定校です。
2013年11月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Yapme!一覧
読者になる
月別アーカイブ
http://hula.lehuamamo-morioka.com/index1_0.rdf